レーシングチーム シュースイ・みどり福祉会

【自転車競技・トライアスロン】 レーシングチーム シュースイ・みどり福祉会のサイトです。
<< 練習会・第28ステージ | main | 練習会・第29ステージ >>
栂池ヒルクライム

今シーズン初レースとなった栂池ヒルクライム。無謀にも11年ぶりに実業団レースに出場!43歳男の挑戦。どうなることやら()

さて大会当日、午前2時に我が家を出発。途中、HR選手をピックアップ。HR選手と私の家族計4名でいざ出発。新潟西インターより北陸道。糸魚川インターを下りて国道148号線へ。最初のコンビニエンスストアで食料補給。ここまでノンストップ。10分程度休憩し出発。受付会場になっている体育館に午前6時着。

駐車場には30台程度が既に来場。6時半くらいには既に駐車場は満杯状態。着替えて試走がてらアップへ。その後、受付。JCF登録証を預けナンバープレートとゼッケン、大会要項等を預かる。召集時間まで時間があったので荷物を置きに行きつつ更にアップをする。

午前9時、P1スタート。遠くからでもその速さは別格!その後、2分間隔でE13スタート。スタート地点は既に勾配。HR選手と私はE3クラス。いよいよスタート。10%の登りが暫くつづく。もう脚がキツい・・・。自分のペースで進む。HR選手がまもなく私を抜く。脚の回りがとてもいい!抜かれたにも関わらず嬉しい。どんどん強くなっているHR選手をみることができ、嬉しい限り。私の方と言えば後ろを振り返ると数名程度しかいない。これはヤバイ・・・。

まもなく一旦緩い下り。お土産店などを通り過ぎ、ここから登り。家族がチームウエアを身にまとい応援。これは頑張らねば。気合いを入れ直し上げていく。ターゲットを見つけては抜きつつ自分のペースを守る。コースは1車線程度。時々路面が荒れているがさほど苦にならず。残り5劼らいで前出発のE2クラスの選手を抜くが逆に後続の市民クラスの選手に抜かれる。脇腹の痛みを覚えるが関係なしに踏む。筋肉の緊張を和らげることを考えつつ、ダンシング。であと3劼らいの地点で右太ももがつりそうになり間もなく左も。ごまかしながらなんとかあと2辧ここからと思ったところで最初に右のふくらはぎ、間もなく左がつる。ほぼ硬直状態。心肺はまだ余裕があるのに踏めない。ダンシングでごまかそうとするがもはやこれまで。DNFが頭に浮かぶ。でも何としてもDNFだけは避けねばと思いゴールを目指す。まもなく歓声が聞こえる。そしてゴール。タイムは11年前の自分のタイムを上回れず、残念。10分程度休憩したのち下山。市民クラスも含めドンドン登ってきて選手でごった返している。 実業団クラスはゴンドラ栂の森駅からなんとゴンドラで下山。レースでは見られなかった素晴らしい景色を堪能。午前11 時に下山完了。 

下山後、チップ、プレートゼッケンを返却。代わりに受付時預けたJCF登録証の返却を受ける。 おにぎりと豚汁をもらい、食する。お風呂券をもらったが時間の都合上、会場を後にする。糸魚川から北陸道。名立谷浜パーキングで名立ブラックラーメンと半ライスセット。太麺でのど越しがいい。30分程度休憩。 あとは休憩なしに新潟へ。HR選手と別れ、自宅へ。アルコール類は暫く控えていたので夕食時の冷えたビールは最高!染みわたる感じ。週末の練習会はもちろん、先週の妙高の長い登坂、そしてここ3週間ほどの平日練習会で何とか走ることが出来た。タイムは情けないものだが無事完走。久しぶりに実業団レースを走ることが出来、それだけで満足。課題も明確化でき明日に繋がるレースが出来たと思う。

 それに何といってもHR選手の日に日に強くなる様はこちらも勇気づけられた。応援して下さった皆様方、ありがとうございました。まだまだ43歳男の挑戦は続きますよ  

 ※
たがみ行政手続事務所はレーシングチーム シュースイを応援します!
| tagami-gtj | > 自転車日誌 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://shusui.tagami-gtj.com/trackback/1185
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ LATEST ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ RECOMMEND