レーシングチーム シュースイ・みどり福祉会

【自転車競技・トライアスロン】 レーシングチーム シュースイ・みどり福祉会のサイトです。
<< 佐渡国際トライアスロン【リレータイプ】 3位入賞! | main | リンク:当チーム所属O選手のブログ『bicycle diary』  >>
2010佐渡国際トライアスロン
 昨年の佐渡国際トライアスロン リレータイプは惜しくも入賞一歩手前の7位。この悔しさを共に味わった昨年のメンバーで今年も挑戦しました。
 スイムはスポーツジムNASのH選手。H選手は元自転車競技者(トラック種目)で国体、インターハイ出場のツワモノ。日頃はスイムのインストラクターもこなされている方です。バイクは不肖、私。そしてランは、うなぎいぬ新潟のS選手。うなぎいぬ新潟は有名なランチームでその中にあって、好成績を収めれている選手です。
 さて、佐渡入りは大会前日の4日土曜日朝。佐渡汽船乗場でAタイプ出場のもりりん選手と合流。フェリーではいつもお世話になっている新潟トライアスロンレーシングクラブの方々や村上トライアスロンクラブのO選手とご挨拶。皆さん気合いが入っております。なんだかんだであっという間の船旅。下船したのち佐和田へ。
 バイク組み立て後、昼食は「大まる」でラーメン!佐渡に来るたびにここの味噌ラーメンを食するのが楽しみです。 その後、受付会場のアミューズメント佐渡へ。受付は既に選手達でにぎわっておりました。受付後はバイクなどのブースが出ておりましたのでしばし見学。いよいよ開会式。来賓のあいさつがあり、その後はあの和太鼓集団「鼓童」の登場!びっくりでした。
 翌日は3時半起き。食事を済ませ、いざ会場へ。会場でバイクを指定位置に置き、その後、ボディーマーキング。早々に準備を済ませあとはレースを待つばかり。
 Aタイプのもりりん選手のスタート前に声掛け。気迫が伝わってきました。
 午前6時 Aタイプスタート、その後、日本選手権スタート。そして我がチームのH選手出場のリレータイプ、Bタイプが午前7時にスタート。リレーのトップ選手が35分ほどでバイクに交代。そして18番目にH選手が集団となって向かってきました。これは高順位!頑張らねばと思いバイクにまたがりました。
 昨年はやや前半飛ばし過ぎで最後の最後で失速した経験上、抑え目に行きました。今回、バイクにはDHバーは付けませんでした。正直悩みました。レース2週間前にDHバーを付けたり取ったり。普段から付けていれば問題ないのでしょうがこれだけの長距離レース、乗りなれているフォームでということで付けませんでした。但しもりりん選手からもろもろアドバイスを頂きこれが結果的に功を奏した形となりました。ありがとうございました。
 スタート後、既に有る程度の選手の数。ドラフティングに注意しながら走ります。30劼魏瓩た辺りからモトバイクのマーシャルの方がこの一団にほぼ貼りつき。ドラフティングでしょうか、時に選手に注意を促している様子。また選手間でも他選手に注意、アドバイスをするなど昨年の位置どりと違いちょっと緊張感のある一団でした。 この一団もアップダウンのある海岸線で徐々にバラけ、気がつくと先にいったり自分のペースの戻す選手があり、いつの間にか私ひとりでいよいよ小木の坂へ。 とにかく自分との戦い。先ほどからふくらはぎがつり気味の中、登坂。そして下り。そして若干の登り坂。若干と言いましたがこれがまた効きます。
 まもなく佐和田の街並みが遠方に見えてきました。昨年はこの辺りで向かい風に遭い、大失速。昨年ほどではないにしても風が効きます。昨年もそうでしたがここまで来ると大会を支える方々などに感謝の気持ちがわき上がってきたものでした。今年もそうでした。佐渡は八八箇所の霊場、佐渡遍路があるとお聞きしておりますが佐渡のトライアスロンは正に現代の佐渡遍路と言っても過言ではないと思います。泳ぎ、走っていくことで佐渡の地を巡り、心の浄化作用が働くような感じを受けます。
 いよいよラスト、河原田諏訪町の街中へ。声援が大きくなっていくのが分かります。ときに私の名を呼んで下さっている方もいらっしゃったようですが・・・。挨拶もろくにできず済みませんでした。ランのS選手に交代。順位は分からなかったでしたが3位で交代。昨年と比べ11分の短縮。上出来!S選手が強くうなづき、颯爽とスタートしていきました。H選手からは「ナイスラン!」と言われ、プレッシャーから解放された気持ちでした。ますます気温が上がる中、まずは千葉県のチームがゴール!優勝おめでとうございます。そして地元佐渡市のチームが2位、まもなくS選手が見えてきました。炎天下の影響とそのダメージを受けながら力走です。そして黄色い声援が!そうです、うなぎいぬ新潟の3人娘さん他、サポーター陣から「やった!やった!!」の大声援。ランS選手はもちろん、スイムH選手、バイク担当の私で同伴ゴール。最高の瞬間でした・・・。
  翌日はアミューズメント佐渡で表彰式。舞台に立って改めて3位に入ったことを実感した次第。ああ、良かった。
  表彰式後、KI監督から総括が!「トライアスロンは観るのもいいが、やはり出るものだ!!」???それって総括でもなく単なる監督の希望ではないですか^^;。
    画像はゴール後のものです。みんな良い顔しておりますね。  
   
たがみ行政手続事務所はレーシングチーム シュースイを応援します!
| tagami-gtj | > 自転車日誌 | 18:23 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
おぉ〜!
表彰式の写真、初めて見ました!
3人とも最高の笑顔ですね(^ー^)
ZENさんもこの大会に照準を合わせて練習した甲斐がありましたね。
おめでとうございます。
シュースイ、ますます大活躍!
| もりりん | 2010/09/08 6:39 PM |
>もりりんさん
先日の佐渡でも大変お世話になりました。
お陰さまで何とか走ることが出来ました。これも、もりりんさんをはじめチームメイト、サポーターのお陰かと思います。まだまだ、もりりんさんのバイクの速さには届きませんが少しでも近づくよう今後も精進していきますm(__)m。
| 善養寺 | 2010/09/09 8:17 AM |
佐渡大会の前の週の土曜日に一緒に走らせて頂きました遠藤と申します。
その節は、ご面倒をお掛けましたが楽しく過ごさせて頂きありがとうございました。

佐渡大会の入賞おめでとうございます。表彰台に乗る事ができるなんて、最高ですね。
私もボロボロ(軽い肉離れになってしまいました)でしたが、とりあえず完走は出来ました。
また機会がございましたら、勉強させて下さい。
宜しくお願いします。
| えんどう | 2010/09/10 11:51 AM |
>遠藤さん
 お世話になっています。善養寺です。
 改めて佐渡国際トライアスロン完走おめでとうございます!
 ボロボロになるまで追い込まれたとのこと。その後、体調は如何ですか?でも全てを出し切り、ゴールされたのは掛けがえのない貴重な事であったと思います。また次の目標に向かって進まれるかと思いますが、その際には是非、当チームの練習会を活用頂ければ幸いです。
 なお、明日(11日)も練習会がありますが、ご都合良ければ是非、どうぞ。
 それでは今後とも宜しくお願いします。
| 善養寺 | 2010/09/10 5:07 PM |









http://shusui.tagami-gtj.com/trackback/1134
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ LATEST ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ RECOMMEND